洗替・継続課金において、使用できないクレジットカードはありますか?(Q.112)


以下カードは、洗替サービスの対象外です。
 
・海外発行カード
 
洗替・継続課金は日本国内のみで認められた特殊な運用であるため、
海外発行カードについては無条件(反証余地なし)でチャージバックとなるケースがあります。
 
洗替依頼ファイルに海外発行カードが含まれた場合、洗替結果では【OK】が返却されます。
これは、洗替依頼先のカード会社側で有効性
を判定できない場合には、一律OKを返却する仕様によるものです。
 
継続課金依頼ファイルに上記カードが含まれた場合も【OK】が返却されます。
これは、洗替がOKとなっている間には、無条件で売上がカード会社へ送信されるためです。
※フロアリミット超過時を除きます。
 
・デビットカード・プリペイドカード
 
上記は、リアルタイムで残高を判定することでオーソリが行われる前提のカードです。
洗替継続課金では、継続課金依頼データが発行元カード会社に到着した段階で引落とし処理が
行われますが、残高不足や解約などで清算処理が行えなくなるケースがございます。
 
洗替データ内に上記カード情報が存在した場合、洗替結果では有効性OKの判定が返ります。
(洗替依頼先のカード会社側で有効性を判定できない場合には、一律OKを返却する仕様によるものです。)
しかし、上記理由によって清算処理が行えないケースが発生した場合は、チャージバックとなります。
 
 
※上記カード種別について、システム的にブロックすることができません。
  お客様がお使いになってしまった場合、ご利用いただけてしまう場合がございます。
  つきましては、加盟店様サービスサイト上などに、
  ご利用いただけない旨明記されることをおすすめいたします。

 

 

 

 

 

■リンク

■関連リンク